« Della donna | トップページ | 収録2本 »

2011.03.14

地震からこちら

金曜の地震報道以来抜け殻のようになってしまいました。

とはいえケータリングのお仕事はしておりましたが、始終気分が落ち込み、毎日テレビを見ては泣いていました。

おまけにあの「関西電力の友人」という節電のチェーンメールをせっせと知人に回したり、(回してしまった方ごめんなさい)何か出来ることはないかと気持ちを逸らせたり。。。

お料理作らせて戴いたパーティにご参加予定だった方の何名様かは東京方面からの方だったようで直前に人数が随分減りました。

本当にお気の毒です。

当たり前のように思っていた毎日の生活がいかに砂上の楼閣であったかと、自然災害を前に人間の無力さを思い知る毎日です。

近くの方々が募金活動に動き出しています。

テレビでも募金に関する報道が出てきました。

みんなが同じ気持ちで被災なさった方々のことを案じ、この国の未来を憂い、しかしみんなで助け合って立て直そうと必死です。日本人も捨てたもんじゃないです。

そう思うとまた泣けてきました。

私も大したことは出来ませんが自分にとってはちょっと痛いぐらいの金額を予定しています(恥)

あと心配なのは原発のことですね。

うまく行ってくれるといいのですが、心配です。

何をしていても、私たちだけこんなことをしていていいのか?!と自責の念に駆られます。

食事の時、子どもたちとお祈りをしました。

暖かい食事。ふっくらとした布団。トイレも飲み水もありがたくてなりません。

どうか東北の皆様にも一刻も早く平安が訪れますように。心より。

|

« Della donna | トップページ | 収録2本 »

コメント

暖房お食事共になんとかなっておられるご様子。ホッといたしました。
でも放射能が心配ですね。
くれぐれもお気をつけてくださいね。
早く原発のほうだけでも収拾をつけてほしいです。
なんとしても食い止めてもらわなければ!!
もう少しがんばってしのいでください。
京都から応援しています!!

投稿: 大原 千鶴 | 2011.03.16 01:07

お忙しい所、コメントを頂きまして有り難う御座いました。今日のいわきはで寒い一日でしたが石油ストーブで暖は取れますし食料は制限はされますが今日始めて買出しに行ってきました。
「いわき」でも私の住む町は山の手で関東・茨城県(日立市・水戸方面)県境近くなんですよ。
今回の地震で我が町・いわき市内郷の住民は避難する事無く自宅で過せますからまだいいのですが・・・先程、「原発」の件で「雨に濡れない様に外出は避けてください」と警報車が2台も家の前を走って行きました。またまた怖い事になりましたが、何時も元気印のクーニィ婦人、近所の方々と助け合いながら元気で過します!
千鶴先生、有り難う御座いました。
先生もお体お大事にされてお過ごし下さいませ。
               御礼まで。

投稿: クーニィ婦人 | 2011.03.15 17:23

クーニィ婦人様

ご無事で何よりです!!
いわき市がどの辺りか良く解っておりませんでしたが、かなりの被害に遭われたことと思います。
クーニィ婦人さんのコメントを読んでまた泣いてしまいました。
我々関西人も、はやる気持ちでそちらに馳せ参じたい想いがいっぱいで、いてもたっても居られません。
ガス水道がストップとか。。。大変です。
暖は取っておられますか?
食べ物はありますか?
本当にご無事で何よりでしたが、これからも問題山積と思います。
原発のことは何より心配ですが、希望をお持ちになってがんばってください。
あぁ。本当に。
大変な時にコメントありがとうございました。

投稿: 大原 千鶴 | 2011.03.15 13:33

千鶴先生、優しいお心で励ましをありがとうございました。涙しながら嬉しく拝見いたしました。
東北関東大地震・・・いわき人にとりましても正に「青天の霹靂」でした。「夏涼しく冬暖かい住み良いいわき」このキャッチフレーズは何処へやらです。我が町・内郷地区は海岸から約3・40分離れてましたので被害は瓦が飛び山崩れ建物のひび割れと部屋が物で散乱と言う程度で済みました。ライフラインはガス・水道がストップです。
いわきも海岸沿いに住む方々は大変な被災を被りましたが、「原発」も我が家から約1時間近く・・更に大きな問題をかかえましたが、他県の皆様の被災された映像を観て心が痛みます。兎に角、一日も早い復旧と復興を願わずにいられません。反省として「備えあれば患えなし」この言葉を忘れてました。後の祭りです。
千鶴先生に元気を頂きました本当に有り難う御座いました。
長々とすみませんでしたm(__)m

投稿: クーニィ婦人 | 2011.03.15 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震からこちら:

« Della donna | トップページ | 収録2本 »