« 喜びのナス | トップページ | 小暑 »

2010.07.05

きゅうり

今日も蒸し暑かったですね~。

先日から雨続きで畑に行けていなかったので今日行こうと思っていたのですが、所用あってアシスタントの女の子に一人で行ってもらいました。

この暑い中かわいそうだったかな~。。。。

でもまじめな彼女はせっせと草むしりをして巨大化したきゅうりと、今年初収穫の万願寺トウガラシを採って帰ってきてくれました。

020

大きさがおわかりいただけますか?

きゅうりを作ってみられた事のある方はご存じだと思うのですが、1週間ぐらい放っておくとこうなるんです。。。。。

大きなものは長さ30センチ。

こうなると皮が硬くなるので皮をむいて甘酢和えにしました。

021

皮をむいて縦半分に切ってタネを取り、スライスしてお塩を少し入れてもんで水気を絞り、

砂糖、米酢、薄口しょうゆ各大匙1ずつを混ぜた甘酢に入れてごま油とゴマを少々入れて

混ぜただけのものです。

大きくなったきゅうりは甘みが出て水分も多くてちょっとトロっとした食感がするので、普通の胡瓜と違ったおいしさがあります。

こんなきゅうりは煮てもおいしいんですよ。京都では「いたちきゅうり」と呼ばれて日々のおかずによく使います。(お安いのでね!)

さぁ。今日きゅうりをテーマにいたしましたのは、先日の長男のナス嫌いを克服させて下さった「モカさん」のお嬢様がきゅうりが大の苦手でいらっしゃるらしく、きゅうりと思うだけで心が受け付けられないそうで、なにかいい食べ方を。。。。とおっしゃっていたので、先日のご恩返しになにか妙案はないかと考えてみました。

きゅうりの香りがお嫌いならば皮をむくのがまず大切かなぁ。

そのうえで、うちで時々しますのが、「きゅうりチャンプルー」

うちでは皮をむきませんが、モカさんは皮をむいてゴーヤチャンプルーと同様に塩をした豚バラ肉を炒めて、厚揚げか焼き豆腐を入れて炒め、皮をむいて切って塩をして水気を絞ったきゅうりを入れて、お醤油とお酒で味を調え、とき卵を入れたらすぐに火を止めて鰹節をかけて見て下さい。

あとは冬瓜のようにおだしで煮て薄葛仕立てにしてしょうがの風味で食べたり。。。。

お嬢様かなり重症でいらっしゃるようなのでどうかしら。。。。。

「きゅうりチャンプルー」は皮つきのものですが、「Co-op ステーション」と言う生協の雑誌に7月10日発売の8月号ですが、夏野菜特集でレシピが載っています。

あと、「家庭画報8月号」にも夏野菜の特集が!

是非参考になさってくださいませ!って結局宣伝かいなぁ~。って思わないでくださいね。(笑)

盛りだくさんな内容なのできっとお役に立つと思っています。

他のみなさんも何かきゅうりのアイディアがあれば教えてください!お願いします。

|

« 喜びのナス | トップページ | 小暑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きゅうり:

« 喜びのナス | トップページ | 小暑 »